アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
虹色雨玉
ブログ紹介
諸事情により一時的にブログ名を変更いたしております。
ご迷惑をおかけいたしますこと、お詫び申し上げます。


幕末・維新中心に趣味に突っ走るお気楽ブログです(´∀`)
少しでも幕末の動乱に関心を持っていただけたらと思います
(最近は京都の観光ばっかやけど・・・もっと幕末要素を出すようがんばります!)
コメント・メッセージお待ちしております!!

当ブログについて   ●リンクについて   ●プロフを見る

(諸連絡)
お知らせ(Twitterについて)
●いつもありがとうございます。にほんブログ村に参加しております。
ちょっくらクリックしてくれると励みになるんだなこれが(*´∀`+○)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へにほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


zoom RSS

あれ?11月やん(^ω^)←

2011/11/02 09:03

気づいたら11月になっとったww

私の11月は午後から始まった←←←

疲れがとれないよー( ;ω;)

周りの人間が悉く体調を崩しているだけに
慎重にならねばならんな…(-д-;)



あ、勝手ながら一時的にブログ名を変更しております。ご迷惑をおかけします。

多分そのうちまた名前は戻ると思いますが…どうなることやら/(^o^)\

今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハロウィンかぁ…(´-ω-`)

2011/10/31 01:43
画像

らくがき。
高杉&久坂「桂さーん!とりっくおあとりーと!」
桂「お前ら…大人をからかうんじゃなーいっ!!」


ハロウィンて、

実際は仮装とかなんもやらないけど、
町のハロウィンの雰囲気は好き。


今日は最後のシフトやから
頑張らねば…(`・ω・´)

授業を休んで一日中お寺で案内します。
夜は先輩んちでハロウィンパーティだ♪
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


こんなに忙しいとは

2011/10/27 23:07
画像

ああ…今日は松陰先生の命日だなぁ…ちょうど今頃が、処刑された時刻だなぁ…


……というのが私の今朝の目覚めの様子。



まさか、命日がこんなに忙しい時期に重なるとは思いもせず。
松陰神社@世田谷に行きたいよー(;_;)

後日ちゃんとカラー絵描きますorz
許してくださいorz


ご冥福をお祈りいたします。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


妙心寺東林院*夜間拝観(^q^)

2011/10/16 23:30
画像

今日のお昼のこと。
サークルの先輩からメールが来て、何事かと思って見てみたら…

妙心寺 東林院の梵燈に行きませんか?というお誘いメールではありませんか!!
なんでも今年1年を表したライトアップだそうで、普段は開かないところに入れるのだとか。しかも今日が最終日なんだそうで。

・夜間拝観
・特別公開
・ライトアップ
・最終日


と四拍子そろっちゃ、行かない訳にはまいりません(^q^)


で、行ってきましたよー!
写真は一番奥の蓬莱庭園のライトアップの様子。
灯籠や蝋燭を使って「生死事大」の文字が描いてありました。
(暗くて肝心の蓬莱がわからなかった(;_;)残念!)

やっぱ蝋燭の光はいいですねぇ(*´ω`*)
電気で照らすより、風でゆらゆらして儚げな感じで…vV

灯籠もふくめ、ほとんど蝋燭の明かりだけだったので、昔はこんなに夜が暗かったんだなぁ…と体感できました(*´∀`)


そのあとはみんなで夕飯を食べて、解散してから友達んちに押しかけてケーキをよばれて(←)、23:00頃帰宅しました。楽しかった!

このサークルに入って良かったことは、こうやって気軽に寺社拝観に行ける仲間ができたことと、いまどこでどんなものが公開してるかっていう情報が流れてくるってことが挙げられます。つまりはこーゆーお誘いメールが来るっていうのが嬉しい!


明日からまた1週間始まると思うと\(^o^)/って感じですね〜笑
10月も気づいたら後半に突入してた\(^o^)/
文化財特別公開が近づいて今週からいよいよ忙しい時期に入ります!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


言い訳Maybe(違

2011/10/16 16:19
画像

みなさま御無沙汰しちょります、先週の土日に長州に行ってきました神風川です。
かれこれ2週間以上も放置してしまいました・・・わ、忘れてたわけじゃないんだからねっ!←


言い訳ではありませんが、近頃ちっくと忙しくてですね…(言い訳じゃねーかww


えーと、言い訳ついでに宣伝しちゃお(´ω`)
京都市では毎年春と秋に非公開文化財の特別公開っちゅうのをやっちょります。
今年の秋の公開期間は、10月23日(日)〜11月7日(月)までです(※社寺によって異なります
拝観料は1ヶ所につき大人800円、中高生400円、小学生以下は保護者同伴1名につき1名無料!      
(※ただし、東寺五重塔のみ高校生700円です)
詳しいことは京都古文化保存協会のサイト(http://www.kobunka.com/index.html)をご覧ください。


この特別公開の関係で、最近は大忙しなのですよ。
サークルの活動の一環で、文化財の案内を担当させていただくのです。
緊張するぉ・・・(´・д・`)

貴重な機会ですし、私も頑張るんで、京都近郊にお住いの方は是非いらしてください(´∀`)



8月の長州旅も、先週の長州訪問も、近いうちに必ず記事にします。
今回はかんべんしてつかぁさいorz
ほんとお待たせしてしまって申し訳ない・・・(汗)


今夜はちょっくら妙心寺の夜間拝観に行ってきます!ノシ






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9


NHKのドラマとかの話。おひさま終わっちゃったー(;ω;)

2011/10/01 23:34
昨日、大河ドラマ江のクランプアップセレモニーがあったらしいです。伝のクランプアップがつい昨日のことのようなのに……時が経つのは早いですね(´・ω・`)


こないだはNHKのBS時代劇「テンペスト」が最終回を迎えました。私はBSの契約をしていないので、毎回オンデマンドで購入して見ました。琉球が舞台ですが、幕末モノなので。それに谷原章介の髷姿も気になったので。←伝の影響

宗主国である清国と接近してくる列強諸国、そして近代化を迎える大和(日本)の間で翻弄され、琉球には琉球の幕末があったのだと思いました。幕末、という言葉の意味を考えると表現が適切でない気もしますが…(^_^;)

面白かったです。ペリーが私のイメージする人物像よりだいぶ小柄でちょっと貧相でしたが…←失礼
しかも、ペリーが那覇に来たのは1853年のことなのに、ペリーが去った次の場面での「日本は開国されてしまいました」って台詞は、時代考証仕事してんのか、って思いました。
だって日本が開国するのは1854年にペリーが再来航した時のことですから、その間には半年の開きがあるわけですよ。その時間の経過が見られないうちに、いきなり次の場面で開国しててびびりました(;´Д`)


そして今日はNHKの朝ドラ「おひさま」が最終回でした。これは良いドラマだったと思います。こんな理想的な家庭、現実にはねぇよ!と思いましたが…私も中学からの親友とは白紙同盟みたいに関係を続けていきたいなぁとすごく思いました。高良さん、かっこよかったっす(`∀´)


それから今日はNHK土曜スペシャルドラマ「神様の女房」が始まりました(全3回)。天地人の時は全然思わなかったけど、常盤貴子かわいいじゃねぇか…!!Σщ(゜Д゜;щ)

常盤さんが演じるのは松下幸之助の奥さん・むめの。主人公です。松下幸之助を演じるのは筒井道隆さん。「新選組!」の容保公の時と比べると見違えるようだ…演技が上手くなっている!!
組!の時はほんとひどかったからな…(^_^;)
さっそく続きが楽しみでなりません(*´∀`)♪


そして明後日から始まるNHKの新しい朝ドラ「カーネーション」は大正の岸和田が舞台。主題歌はなんと林檎ちゃんΣ(○ω○*)すげぇ!!


最近の私のドラマの趣味を思い返してみると、どうやら近代にも興味があるみたい…?大正レトロとかは好きだけど、昭和にまで興味が出てきてるのかも…まだわかんないですけど。





以下全然関係ない話。さっきNHKでちょっとだけSHINeeが紹介されてめっちゃ興奮してもうた!!
もーヤヴァイ!!テンション急上昇!!
////キャー(*ノ∀ヽ)////
顔めっちゃ熱くなるし叫び声抑えんの大変やった!というか結局抑えきれてなかった(笑)

LUCIFERの日本語ver聴いたけど、はじめは絶望したけど、要は慣れだよね!!
絡まったコロッケって思えばいいんだ!むっきんちぇ!!\(^o^)/
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


鎖国はいつから始まったのか

2011/09/26 12:57
幕末の始まりとして一般に認識されている事件といえば、1853年の黒船来航。
ペリー提督の要件はというと、
カイコクシテクダサーイ>щ(゜Д゜щ)

じゃあそもそも日本はいつから鎖国してたの?っていう話です。

※以下、大学の講義で聞いた話をもとに書きます。つまり受け売りです←


江戸時代は鎖国をしていた、となんとなく思っている人は多いと思います。
でも実は、鎖国が「祖法」だという意識は西暦1800年前後に成立したものなんです。
西暦1800年っていつ頃だよ、っていうと、ペリーが黒船を率いてくる50年くらい前です。
つまり、日本の近海に外国船が頻繁に出没しはじめた頃です。

鎖国が「祖法」だという意識、すなわち鎖国祖法観が成立したということが重要なポイントです。「祖法」というのは、家康のころから代々伝統的に守られてきた決まり事というような意味です。つまり、ずっと昔から鎖国は伝統としてあったんだという考え方が鎖国祖法観です。

1800年よりも前は、為政者が意識的に国を閉ざそうとしていたわけではなく、「海禁」体制の状態でした。
非常に厳格な管理のもとではありますが、四つの口(琉球・長崎・対馬・松前)を通して豊かな国際交流を行っていました。そう考えると確かに国をまるきり閉じていたわけではありませんが、それでも世界の国々と比べれば相対的に自足した状態だったといえます。たとえオランダや中国で何か起こっても、日本はそんなに影響を受けることはなく、揺るがない・・・日本という世界はそういう自己完結した世界になっていたのでした。

じゃあなんで鎖国祖法観が生まれたのかっていう話ですよね。
ここで登場するのが寛政の改革でおなじみの松平定信です。
この人の前に政治を主導していたのが田沼意次で、定信は意次と真逆の政治を展開していくわけですが…意次がロシアなど外国との通商も念頭に置いていたのに対して、定信は通商路線を否定します。もちろん意次の政治路線を否定するために鎖国を始めたってんじゃありませんけど、少しは関係してるかもしれないんで…一応。

さて、なぜここで松平定信に登場してもらったかといいますと、鎖国が祖法だと言い出したのは彼だからです。
彼が活躍した1800年前後というのは先ほど述べたように対外的な緊張が高まりつつある時期で、特にロシア問題がヒートアップしてきた頃でした。このロシア問題をどのように乗り切っていくのか・・・結果生まれたのが鎖国は祖法だという考えでした。

「生まれた」なんて書くと自然発生したみたいに聞こえちゃいますね。はっきり言うと、「祖法」を「捏造」したということです。「捏造」と表現すると悪いことみたいに感じちゃうかもしれませんが、私はこの捏造が悪いことだとは思っていません。まぁ要するに、あたかも昔からあったかのように鎖国という決まりをでっちあげたわけです。

日本に国交を求めに来たことで有名なラクスマンとレザノフっていますよね。彼らに対する幕府からの諭書には、鎖国が祖法だってことを書いているらしいです。
講義プリントよりラクスマン宛の例:
兼て通信なき異国の船、日本の地に来る時は或は召捕、又は海上にて打ち払うこと、いにしへより国法にして、今も其掟にたがふことなし」
↑このラクスマンへの諭書は1793年のもの。昔から打ち払う決まりになっていると書いていますが、異国船を打ち払う方針はたった2年前の1791年に決められたことでした


このように昔から外国とは付き合いをしない決まりになっていたとすることで、「別にロシアが嫌いなわけじゃないんですよ、昔からの決まりだからどこの国が来ても付き合わないんですよ」と言い訳をすることができ、幕府にかかる責任が軽くなるというわけです。

このようにして捻出した鎖国という「伝統」ですが、50年後の幕末頃になると人々は完全に「祖法」だと信じ込んでいたのだそうです。つまり江戸時代は鎖国をしていたという私たちの持つイメージも、もとをたどれば1800年頃の定信の「機転」に原因があると言えそうです。

以上、長くなりましたが鎖国のからくり(?)でした。
ちなみに、「鎖国」という言葉は志筑忠雄がケンペルの論文を『鎖国論』と訳して生まれたというのは有名な話ですが、『鎖国論』が出るのは1801年で今話していた時期と重なります。でもこの新しい言葉が日本人に定着するまでには時間がかかったみたいです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


続きを見る

トップへ

月別リンク

画像
にほんブログ村に参加しております。お越しの際にはクリックしていただけると嬉しいです(´ω`) にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
↑いろんな幕末・維新ブログが見られるので、興味がある方は是非行ってみてください
虹色雨玉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる