虹色雨玉

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めての発掘調査…その1

<<   作成日時 : 2011/09/16 09:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

はじめに:調査内容を流出させないために遺跡の詳細はふせ、写真も載せません。発掘ってこんな事するんだ!っていうのを一般の方にも分かってもらえるようにというのがこの記事の主旨です。


今回の発掘調査は8月の半ばから1ヶ月にわたって行われてきました。その中で私が参加したのは一番最後の5日間です。つまり現地調査の最終段階・仕上げ段階であり、大変貴重な体験ができました。

今回調査したのは、滋賀県内にある縄文晩期の遺跡です。以前甕棺(※1)が出土しており、今回はその続きの調査ということになります。

遺跡はいくつかの区画に分けて掘られていて、その区画の1つひとつをトレンチと呼びます。私ははじめの3日間は同じトレンチで作業をし、4日目は別のトレンチに配置され、5日目は内業という屋内作業の担当になりました。

…と、ここまでは概要を述べてみました。
それでは具体的な作業内容を見てみましょう(^ω^)

(続く)


※1…遺体を入れて埋葬するための甕(縄文土器)のことを言う。甕棺墓という墓制に用いられた

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
にほんブログ村に参加しております。お越しの際にはクリックしていただけると嬉しいです(´ω`) にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
↑いろんな幕末・維新ブログが見られるので、興味がある方は是非行ってみてください
初めての発掘調査…その1 虹色雨玉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる