虹色雨玉

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めての発掘調査…その3

<<   作成日時 : 2011/09/16 11:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
はじめに:調査内容を流出させないために遺跡の詳細はふせ、写真も載せません。発掘ってこんな事するんだ!っていうのを一般の方にも分かってもらえるようにというのがこの記事の主旨です。


私のトレンチの二日目の作業の中心は層位図の作成でしたが、午後に現地説明会があったため少し作業を中断したりしました。

まずは層位図とはなんぞや?って話ですね。簡単に言えば、地層の断面図です。理科の教科書とかで、断層とか習うときに見るような、ああいう感じの図です。

トレンチは掘り下げられているので、地面の下の様子がよく見えます。地層がどんな風になっているのかを、方眼紙に写し取っていくのがこの作業です。

層位図を描く前に必要なのは、分層という作業です。地層がどのように積もり・重なっているのかを見極めて、分かりやすいように線を引いていくのです。私なんかは素人ですし出来るわけがないので、3回生の先輩方が分層をし、私はその際に出る土を掃除する係をやりました。

分層が済んで初めて層位図に取りかかれます。どのように作成していくのかを言葉だけで説明するのは難しいのですが、簡単に言えば、x軸方向・y軸方向に距離を測って、それを縮小して図面におとしていくというだけの話です。私が数値を読み上げ、先輩が図を描きました。


現地説明会は、地元の人や考古関係者を中心に子供から大人まで約50人もの参加がありました。先生は20人くらいを予想していたらしいのですが、思った以上に人が来て良かったです(^ω^)
私的には小学生が何人も来てくれて驚きました。

現地説明会というのは、発掘がほぼ終わった頃に調査の成果を発表するために開きます。私が参加した5日間は本当に最終段階だったので、現地説明会にも参加できたのです。先輩方も質問に答えていました。小学生も、なんで?どうして?これ何?の盛りで、私も少し相手をしました(笑)

現地説明会は発掘の成果を一般の方に知ってもらう良い機会です。興味があれば、お近くで発掘調査があった際にでも是非参加してみて下さい(´∀`)


(続く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
にほんブログ村に参加しております。お越しの際にはクリックしていただけると嬉しいです(´ω`) にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
↑いろんな幕末・維新ブログが見られるので、興味がある方は是非行ってみてください
初めての発掘調査…その3 虹色雨玉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる