間違いやすい弓道用語(^o^)丿

垜(あずち)で思いついたネタです(^o^)丿私もよく間違えちゃう言葉を集めてみました!

その弓重い?軽い?
この表現は使っていて結構恥ずかしい・・・。これを使ってしまうと、初心者だと思われちゃうよ。正確には強い、弱い、っていうんだよ。私も家で必ず母に注意されるんだよね。どうしても学校での癖で家で使っちゃって・・・。私達が間違っていると後輩達も間違って覚えちゃう!少しづつ直していきたいね♪

的に当たった!!
これは結構間違って使っている人が多いよね。”当たる”ぢゃなくて”中る”って書くんだよ!

座射っつーか坐射
座射でも間違いぢゃないらしいけど、本当は坐射って書くんだって。これは私も調べていて初めて知ったよ。きざ〓跪坐、ほんざ〓本座。うまく使いわけよう!!

弓を射る
・・って…弓を射ってどうすんねん!!
弓は引くもの、矢は射るもの。的は中てられるものだね”笑


やった!羽分けだ!!
一手持って入って、二本とも中った時、『羽分けした~』ってよく言ってるよね。でもこれって二射皆中なわけで羽分けぢゃないよね。一手で二本とも中る事は、束る(そくる)とか束中(そくちゅう)とか諸矢(もろや)って言うんだって。で、一本だけ中ることを片矢(かたや)とか半矢(はんや)って言うらしい。羽分けぢゃないんだね!

皆中するかもっ!?…あー・・
四つ矢で、三本目までを詰めて四本目で抜くことを留め抜きって言うんだって。
あと一本、とどめがさせなかったってコトで、三中のなかでは最悪の外し方なんだって・・。
でも私はこの外しかたが一番格好いいと思うけどなぁ・・。


私も知らなかったことが沢山あったよ(´д`;)後輩への勉強会、こういうこともやると良いかもね♪みんな気をつけて使おう!!!


この記事へのコメント

2015年03月16日 00:23
ぢゃない
とか日本語さえおぼつかないよう人が弓道用語語らないでね^ ^

この記事へのトラックバック