テーマ:幕末

こんなに忙しいとは

ああ…今日は松陰先生の命日だなぁ…ちょうど今頃が、処刑された時刻だなぁ… ……というのが私の今朝の目覚めの様子。 まさか、命日がこんなに忙しい時期に重なるとは思いもせず。 松陰神社@世田谷に行きたいよー(;_;) 後日ちゃんとカラー絵描きますorz 許してくださいorz ご冥福をお祈りい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NHKのドラマとかの話。おひさま終わっちゃったー(;ω;)

昨日、大河ドラマ江のクランプアップセレモニーがあったらしいです。伝のクランプアップがつい昨日のことのようなのに……時が経つのは早いですね(´・ω・`) こないだはNHKのBS時代劇「テンペスト」が最終回を迎えました。私はBSの契約をしていないので、毎回オンデマンドで購入して見ました。琉球が舞台ですが、幕末モノなので。それに谷原…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

鎖国はいつから始まったのか

幕末の始まりとして一般に認識されている事件といえば、1853年の黒船来航。 ペリー提督の要件はというと、 カイコクシテクダサーイ>щ(゜Д゜щ) じゃあそもそも日本はいつから鎖国してたの?っていう話です。 ※以下、大学の講義で聞いた話をもとに書きます。つまり受け売りです← 江戸時代は鎖国をしていた、となんとなく…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

長州兵になったつもりで進軍してみた(嘘)

さっきの記事のまさかの続きです(・∀・) いやむしろこっちのが幕末要素あるかも。 やっぱさァ…来るべきは河原町、木屋町なんだよ!!!!(心の叫び) 事件は西で起きているんじゃない!東で起きてるんだよ!!(大政奉還除く) そんな京都東部スキーな私は西の下宿に帰らねばならんのですよ…ちなみに朝5:30、ここは河原町三…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

昔も今も、木屋町は木屋町。高瀬川は高瀬川。

昨日は河原町でサークルの飲み会がありました。 大丈夫ソフトドリンクしか飲んでないから問題ない(^ω^) 飲み会の後は色々あって夜の木屋町をぶらぶらしたのですが…やっぱ夜の木屋町こわいわー(^_^;) 木屋町界隈は高瀬川が風情があって、初めて京都を旅行した時から好きな場所で、もちろん今でも好きな京都スポットの五本の指に入りま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディスカバー!長州博(^q^)プレキャンw

明治維新150周年を記念して行われる、 ディスカバー!長州博。 明治維新150周年は2018年なわけですけど、前段階として プレキャンペーンを平成23年7月~12月 本キャンペーンを 平成24年3月~8月 と設定して各種イベントを展開していくそうです。 あの……まだあと7年ありますよ?(;・∀・) すごい力…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

歴史はこうして作られる(?)

「真実発掘ミステリー 歴史はこうして作られる」という番組が読売系でやってたので、ちょこっと見てみました。無論、ひやかしが目的ですが← 「最新の歴史学でこれまでの歴史の常識が覆る。歴史が作られる衝撃のカラクリを紐解いていく真実発掘ミステリー。あなたの歴史の常識が変わります。」 …というのが番組の主旨らしいです。 って…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長州旅5~萩往還~

秋芳洞から萩往還を通って萩へ向かいます。 萩往還公園の銅像たちをバッチリ写真におさめましたV 前回は日が暮れて薄暗い中で写真を撮りましたが、今回はちゃんと明るいうちにたどり着けました(^q^) 前回は閉館後に辿り着いたので入れなかった松陰記念館。 今回は閉館まぎわに入ったので半分くらい見ることができました。 のこりの半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長州旅3~山口~

枕流亭で付近の幕末関連スポットが紹介されていて、近くに井上馨の墓と錦の御旗の製作所跡があると分かったので行ってみました。 井上馨の墓は洞春寺というお寺にあります。東京麻布の長谷寺がにあるお墓から分骨して山口の洞春寺に作られたのだそうです。ちなみに洞春寺は毛利元就の菩提寺だそうです。大内盛見もお墓も発見しました。 ↓洞春寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長州旅2~山口~

前回は近くを通りながらも寄ることができなかった藩庁門、ようやく制覇です! 幕末期に毛利敬親が藩庁を萩から山口にうつしたときの遺構です。桂や高杉や伊藤がこの下を通ったんですねぇ!山口県庁にあります。 それから瑠璃光寺・香山公園で国宝の五重塔を見たりして、毛利敬親・元徳親子(幕末期の長州藩主親子です)の墓参りをし、露山堂と枕流亭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はっぴーばーすでぃ暢夫!

今日は8月20日。 旧暦8月20日は高杉晋作の誕生日です。 いきなりですが、 明日から山口県に行ってきます☆ (*ノ>∀<)ノ わーい☆☆☆
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都with乃壱その1☆伏見散策

帰省終了、高校時代の親友・乃壱を連れて京都に帰って参りました神風川です。 夜行バスで帰ってきて、京都駅のコインロッカーに荷物を置いて、午前中は伏見散策をしました! まずは伏見稲荷。5月に来たときより改修工事の範囲が広がっちゅう!! Σ(○ω○*) 朝7時30分~9時30分まで、2時間かけて頂上まで行って⇔帰ってきまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊山夏の企画展&大河ドラマ50の歴史展

鴨川の納涼床です~ 今日も暑かったけど、川沿いは涼しかった! やっぱサイクリングは楽しいなぁ^^ 向かったのは、霊山(りょうぜん)です。 護国神社で志士たちの墓参りをしてから、 歴史館に入り浸りました(^ω^) 今回の企画展示はこれ↓ このポスターの絵、好きすぎてどうしよう(^q^)← 題字のところは鳥羽伏見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武井咲さんが神谷薫を演じるんやって

試験期間中だから更新自粛してたけど、 これはつぶやかずにはいられないww 前々からちょいちょい話に出していた実写版「るろうに剣心」ですが、 神谷薫のキャスティングが武井咲(たけい えみ)さんに決定! やりおったな大友監督(^q^)健くん(剣心)の隣に立ったときのバランスもいいそうですよ(笑) 武井さんは個人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風のせいで二条城の外壁がはがれたらしい

台風6号のせいで二条城の外壁が一部損壊したらしいです。なんてこった……! (写真:NHK「京都ニュース845」2011年7月20日放送) 避難していた龍馬像たちも高知駅前に戻ってきたそうです。 (写真:NHK「ニュースウォッチ9」2011年7月20日放送) 京都市は午後には太陽が出てきて陽射しが容赦なかったです……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁門の変―7月19日夕刻

写真は一昨日の祇園祭の帰りに撮ったもので、京都御苑内の鷹司邸跡(木が生えているあたり)です。 幕府側に包囲された鷹司邸内では、久坂玄瑞が鷹司輔熙に朝廷への嘆願を願い出ていましたが、聞き入れてもらえません。輔熙が脱出したのを確認した幕府側は鷹司邸に火を放ち、久坂玄瑞、寺島忠三郎は自刃。脱出を試みた入江九一も幕府側の包囲網を抜け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

禁門の変―7月19日午後

写真は、一昨日の祇園祭の帰りに撮った蛤御門です。 中立売御門を抜いて、禁裏に迫る勢いの長州軍。 蛤御門でも優勢でしたが、会津兵の応戦にてこずりなかなか攻め落とせません。 兵の数で圧倒的に不利な長州は、このまま戦いが長引けば勝ち目はありません。 で、来島隊は加勢に来た国司隊と一緒に、南にある柵をやぶって背後から大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁門の変―7月19日午前

筑前藩兵を抜き、国司隊は前方に砲撃を加えてから来島隊の加勢にいきます。 益田隊もなんとか境町御門にたどり着きますが、既に蛤御門方面で戦闘が始まっており、形勢がほぼ決まったあとだったといいます。 続く
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁門の変―7月19日払暁

眠い…けど、空が明るくなってきました(ρ_-) 台風のせいで雨ですよ…(萎) では続きを。 夜明け頃、福原越後隊は大垣藩兵に行く手を阻まれ、伏見街道で交戦し、大敗。 竹田街道に転じて進軍しようとしますが、彦根・会津藩兵に敗れ、山崎へ逃れます。結局市中にたどり着くことはできなかったのです。 一方の国司信濃隊は途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁門の変―7月19日未明

今年も7月19日がやって参りました。元治元年7月19日(1864年8月20日)は、禁門の変があった日です。 今年は時間に応じて出来事を追ってみたいと思います。 多分、ちょうど今は進軍の最中だと思います。 7月18日の夜中に、三家老が率いる長州軍は進軍を開始します。7月19日未明、 益田右衛門介隊600人(久坂玄瑞、真木…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

今宵は宵山、池田屋事件

京都三条木屋町で池田屋事件が起こったのは、元治元年6月5日(1864年7月8日)、祇園祭の宵山のことでした。 そして今日がまさに宵山です。 きっと壬生寺では慰霊供養祭が行われ、京都新選組同好会による池田屋事変記念パレードがあったことでしょう…行きたかった…!来年は行けるかな…泣(T_T) 相も変わらず大久保利通文書と格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大久保利通と明治維新」を読んで

大久保利通と明治維新 (歴史文化ライブラリー)吉川弘文館 佐々木 克 Amazonアソシエイト by 友人たちが「祇園祭なう☆」とか言ってる時に、私は図書館の本を返却するためだけに21時頃大学へ登校(T∀T) 大学に近いのは下宿生の特権!すぐに返しに行けるから、返却期限当日でも家に持ち帰って読んだりコピーしたりでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊山に行ってきました☆後編

京都に引っ越して3か月余り…ようやくここに来ることができました。高1の時に来て以来、3年ぶりです。 はじめて霊山社中の会員カードを使って入りました。一般のゲートの横にある別の入り口を開けてもらうのですが、その際に神職さんが「どうも暑い中ご苦労様です」と笑顔で声をかけてくださったのが嬉しかったです(*^^*)それまですっっっごくバテてい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

霊山に行ってきました☆前編

この日曜日に霊山に行ってきたので、レポートしてみようと思います! あと1週間で祇園祭なので、八坂神社前の祇園交差点はもちろん、四条通はすっかり祇園祭仕様になっていました。ひ、陽射しが…(;++) 祇園に着いたのは12:00頃。めっちゃ晴れてるのに日陰がなくて、暑いったらありゃしない! でも志士の眠る場に楽々と行くなんてのは嫌だ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒロブミとミクの消失

忙しい、忙しいと言いながら ついつい動画を見てしまう 今日この頃 女史さんの動画はどれも素敵ですが 個人的には最近コレがキてます 目が潤む・・・ ちなみにもとになっている 「初音ミクの消失」の中では やっぱりこの動画が1番でしょうね もちろんコメ非表示推奨します ボカロよく知らないってひとは …
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

近況報告的な

どうも、ご無沙汰しております神風川です。 最近なんだかブログが滞りがちですが…… 一言でいうと、クソ忙しいんです(クソとか言うな 本当はもっと書きたいことはいっぱいあるんですよ… 昨日の中島三郎助のヒストリアとか 一昨日のNHKでやってた憲法制定(伊藤博文)の話とか 大学のクラスの企画ででっっっかいパフェを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JIN(2011)→るろ剣(2012)→八重の桜(2013)

昨日6/29の京都市は36.4℃の猛暑日だったらしいです。大阪も35℃以上あって、大阪が6月に猛暑日になるのは明治16年に記録を開始して以来初めてのことだそうです。global warming が進んでいるのでしょうか…… つまり何が言いたいかというと、暑い!!ただそれだけです。毎晩毎晩歳低気温が25℃以上の熱帯夜…やめてほしいo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かっつん's ばーすでい2011

さて今年もこの日がやってまいりました! 本日6月26日は桂小五郎(木戸孝允)のbirthdayです(^ω^) そして某友人の誕生日でもあります…ちゃんとメール送ったもんねww 更に本日はJINの最終回があります!わぁお!(○ω○*) とゆーわけで旧暦6月26日についてwikiってみました(´∀`) これと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

風光る・祝!30巻☆

風光る 30 (フラワーコミックス)小学館 2011-06-24 渡辺 多恵子 Amazonアソシエイト by 本日は『風光る』30巻の発売日! 昨日まではちゃんと覚えてたのに、 講義の忙しさにかまけて すっかり忘れちゃって、 思い出したのが夜8時半(笑) 慌てて近所の本屋に行ったら、ちっちゃな個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年大河ドラマは『八重の桜』

10日くらい前に一部メディアが「2013年大河ドラマは新島八重」と報道してネット上で噂になっていましたが、本当だったんですねぇ! ドラマのタイトルも不明だし、なんの根拠もない報道だったのでスルーしていたのですが、本日正式に発表がありました。 タイトルは『八重の桜』、幕末のジャンヌダルクこと新島八重が主人公です。同志社大学の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more